読み聞かせの抑揚はつけずに読んだ方が良いの?声色を変えて読んでも良いの?【お悩み解決方法】

読み聞かせの抑揚はつけずに読んだ方が良いの?声色を変えて読んでも良いの?【お悩み解決方法】

読み聞かせのお悩みで、必ず聞かれるのが
抑揚と声色についてです

 


「抑揚はつけずに読んだ方が良いですか?」
「声色を変えて読んでも良いのですか?」

 

100%質問されます

 

結論から申し上げますと
抑揚をつけて読むのは、「思いやり」なのです

 

声色を変えることについては、後半で解説いたします

 

 

一つ目の理由・朗読家による解説

 

集団での読み聞かせでは
どんなに絵本の絵が、くっきり描かれていても
両端や後ろの子どもは、見えづらいので

耳で聞くお話から、登場人物が誰で
誰が会話しているのかなど分かるように
抑揚をつけて読むのが、「思いやり」なのです

 

 

【二つ目の理由・絵本作家による解説】

 

絵本の文章の書き方から説明させていただきます

 

次の文章は、目を閉じて聞いても
場面が想像できると思います🔻

 

おじいさんは、おばあさんに言いました
「山へ、しばかりに行ってくるよ」

 

誰が・誰に・どこへが、順番に分かるので
お話を聞くだけでも、想像できますよね

 

ただ多いのが、次の文章の書き方になります

 

「山に、しばかりに行ってくるよ」と
おじいさんは、おばあさんに言いました。

 

という文章だと、「あれっ?どこに行くんだっけ?」と
1行前に戻りかねないのです

 

なので、絵本の絵は見えても、表情は見えづらい場合
クラス全員が、同じように楽しめるように

 

抑揚をつけて読み、さらに声色を変えて
ぜひ読み聞かせをしてみて下さい

 

 

【大事なポイント】

 

全部の絵本を、抑揚つけて読み聞かせするのではなく
お話の内容・ページ毎で判断しましょう

 

 

抑揚をつけずに読んだ方が
お話に夢中になる場合がありますので
判断のポイントが大事です

 

 

P100で、書かせて頂いております

選定図書に選ばれた、読み聞かせメソッド本のサイン本は
講座・セミナーにお申し込みくださった方で
ご希望の方に販売しております

 

 

【声色を変えることについて】

 

「 声色を変えて読んで良いのでしょうか?」のご質問も
抑揚と同様に、ほぼ必ず聞かれます

 

 

先程、おじいさんのセリフ
「山に、しばかりに行ってくるよ」は

 

抑揚だけでは、誰が言っているのか
まだ分かりづらいのです

 

 

登場人物がおじいさんなら、おじいさんの声色で
セリフを読むことで、誰が言っているのか
両端・後ろの子も、お話が伝わるのです


クラスみんなで、お話を楽しめるように
抑揚+声色で、読み聞かせして頂けたらと思います

 

 

読み聞かせメソッド本・P90で、書かせて頂いております

 

 

 絵本のお話の届け方を学んでみたい方は
良かったら、下記のリンク先をご覧下さいませ🔻

 

〜現在、受付中の講座〜

 

 

絵本・読み聞かせスペシャリスト認定講座】オンライン
4月スタート!3ヶ月の短期で取得できます→こちら

  

ご興味がありましたら
無料の個別相談で、ご相談頂けたらと思います

 

 

無料の個別相談では
 特典声質に合う絵本の診断】が大好評です→こちら

 

  

・協会HPのブログを随時更新していますので
   こちらもお読み頂けると幸いです

 

 

読み聞かせについて配信しています

⇩良かったら下記から登録できます⇩

友だち追加

ブログに戻る